総合ビルメンテナンス/エレベーター保守/人材派遣

リニューアル工事

エレベーターリニューアルのご提案

エレベーターリニューアルの必要性

はじめに…

近年、社会環境の急激な変化に伴い、縦の交通機関であるエレベーターは、従来にも増して安全性・機能性を求められております。しかし、エレベーターは定期的な点検整備による性能維持管理を実施していても、他の建物設備と同様に少しずつ老朽化が進みます。老朽化したエレベーターを今後も安全に、安心してご利用いただくために、安全性・機能性・意匠面を考慮したリニューアル工事をおすすめ致します。

適切な修繕計画

建物の寿命は50~60年と言われており、その中で建築設備は日々消耗・劣化が進み、適切なタイミングで修繕が必要となります。
エレベーターも同様で法的償却耐用年数(税法上)は17年と定められており、一般的な計画耐用年数としては25年程度でリニューアル工事を実施することが望ましいと考えられます。

在庫部品の激減

さらに旧式エレベーターは、機種によって徐々にその在庫部品が減少し、ついには在庫部品の供給が不可能な状態に発展致します。
これまでも、これからも、エレベーターを安全に、安心してご利用いただくためにも、エレベーターのリニューアル工事をご提案いたします。

主な更新内容

パッケージ項目更新新規設置
基本パッケージ1. 巻上機(巻上機機械台含む 転倒・移動防止付き)
2. 調速機(調速機据付台含む)
3. 制御盤(転倒・移動防止付き)
4. S波 地震時管制運転機能
5. 主ロープ・調速機ロープ
6. 制御ケーブル(塔内ケーブル含む)
7. 着床用スイッチ・終端スイッチ(取り付け器具付き)
8. かご操作盤・かご上操作盤・ピットスイッチ
9. かご出入口上部カバーリング
10. 各階乗場操作盤
11. ドア制御器
機能オプション12. 初期微動付き地震時管制運転装置
13. 停電時自動着床装置
意匠オプション14. かご天井(照明器具付き)
15. かご内(乗場ドア、三方枠、化粧フィルム床タイル)

SAFTY リニューアルパッケージ

SAFTY オプションパッケージの概要(イメージ)

PAGETOP
Copyright © 日伸セフティ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.